「青猫王、黄昏ノ戴冠式」

紫色の支配から、暫し逃れる町の端
最初の夜の王冠は、未練を灯したIMITATION

あの夜、滅びた王国なんて
既に忘れて、興味も尽きた

新たな夜の王冠は、決意を灯したDOMINATION
黄昏色の夢の端、頂く真夜の青猫王

(2016/01)

← NEXTMENUPREV →