「サクランスルキイロノユメ」

立ち込める煙、千切れた鎖
( 煙の向こうで誰かが見てる )

異国の言葉がボクを呼ぶ
( ボクは、その言葉の意味を知っている )

「目隠し鬼さん手の鳴る方へ」

これが夢でも構わない
( 夢見るボクの夢の色 )

奪われ続けたボクの見る
最初で最後の
【 サクランスルキイロノユメ 】

〜 異国色彩怪奇譚・黄色 〜

(2013/06)

← NEXTMENUPREV →